« 孔婉麗先生のこと | トップページ | 〈誰的日子不是這樣過〉 »

2007年6月10日 (日曜日)

王立徳君のこと

王立徳君は台湾の高雄市からきた留学生だった。1982年のことである。私と同い年だった。尊父は高雄市議会の議長を務めたことがあるそうで,当時貧乏学生だった私から見ると彼は王子様のように見えた。中国語学校の先生の紹介で私は時給900円で彼の日本語教師として雇われた。(今のバイトの時給より高いのはどういうことだろう?四半世紀も前のことなのに!)

ある日,彼の名前が当時私が私淑していた台湾語研究の第一人者の王育德氏と一文字違いであることを指摘すると,彼は少し顔色を変えてそんな人物は知らないといった。

後日彼から打ち明けられるのであるが,台湾独立運動の急先鋒であった王育德氏のことはタブーで,もし関係があると見倣されると台湾で逮捕されてしまうとのことだった。当時台湾は戒厳令下であった。

私の日本語教師としての質が多大な影響を与えてしまったのかもしれないが,彼は志望している大学の入学試験に合格することはできなかった。私は日本語の家庭教師を辞め,彼とも音信不通になって現在に至っている。

|

« 孔婉麗先生のこと | トップページ | 〈誰的日子不是這樣過〉 »

「台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137957/15381895

この記事へのトラックバック一覧です: 王立徳君のこと:

« 孔婉麗先生のこと | トップページ | 〈誰的日子不是這樣過〉 »