« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月25日 (日曜日)

無名氏全集第一巻上册《北極風情畫》読了

卜寧(無名氏)の《北極風情畫》を読んだ。通勤の限られた時間だったので,一週間もかかってしまった。台湾の文史哲出版社全集版なので,繁体字で書かれている。ちょっとなれていないので,読み始めは手こずったが,主人公の語りになる第五章ぐらいから引き込まれるように読み進めた。日本語訳があるかどうかは知らない。話の内容は日本ではあまりうけない題材かもしれない。馬占山・李杜・蘇炳文らが率いる抗日軍に所属する参謀の話だもんね。おっと,あまり話のあらすじを書いてしまうとネタバレになってしまう。

これを恋愛小説というべきかどうかはわからない。ロシア語で交わされている主人公たちの会話は,文中では当然中国語で書かれているので,中国の恋人たちの会話のように思えて不思議な感じがする。もっとも,中国人がいくら恋人同士でも,こんな大げさな語らいをするのかどうかはわからないが。

今は無名氏全集第一巻下册《塔裡的女人》を読んでる。この小説のほうが一般受けしているのかもしれない。《北極風情畫》の裏表紙の広告文に書かれているところによると,杭州の小学校教師が10万字近い《塔裡的女人》全文を諳んじたと書かれている。ホントかねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »